JALT行動規範

全国語学教育学会(JALT)は、国籍、民族性、宗教、障害、外見、性別、性的指向にかかわらず、全てのJALT会員、スタッフ、ボランティア、そしてイベントの参加者にとって、安全で快適、かつ生産的な環境を提供できるよう務めます。JALTは、自らのイベントやそれに係るいかなる交流においても、威圧的、脅迫的等の迷惑行為を禁じます。ハラスメントには、国籍、民族性、宗教、障害、外見、性別、性的指向に関して、人を不快にさせる行動や発言に限らず、不適切な身体の接触や、不必要に関心を寄せて相手を困らせる事等も含まれます。ハラスメントを止めるよう指摘された者は、速やかに従わなければなりません。それに従わない場合には、JALTは、警告から地元警察への通報に至るまで、様々な処置を講じます。ハラスメントを受けた者は、JALTの理事長 president@jalt.org、又は、理事会 directors@jalt.orgに通報してください。
即刻、問題を解決する為の迅速な措置がとられます。

申立ての手続き

  1. 事件が発生したら、まず被害者が加害者が取った行為は容認できない旨を明確にすることによって、非公式に解決できるかを考慮する。これは面談あるいは書面にて行なわれるが、被害者がこの方法を困難または苦痛に感じる場合は、大会関係者、地元支部又は分野別研究部会役員あるいは理事会の役員 directors@jalt.org の支援を求める。
  2. もし被害者が事件を公にすることを希望した場合は、公式の申立てがなされる。全ての申立ては正当に取り扱われる。原告はいかなる時も、直接警察に届け出るという選択肢を持っている。
  3. 申立ては、加害者の名前、申立ての内容、日時、目撃者の名前、既に取った処置などを記載した、署名入りの書簡またはEメールで行われる。
  4. 全ての申立ては、総務委員会で検討される。グループは被害者と加害者の両者からの供述(調書)を取る機会を設け、その申立てをできるだけ入念に調査する。不服を申立てた人に反論がある人もまた、事情聴取されるべきである。事情聴取を受けた人は、警察に報告されるべき違反行為が疑われる場合を除いて守秘義務が保証される。
  5. 手続きの全課程で、関係者は支援者を同伴する権利がある。
  6. 申立てに十分な根拠があると判断された場合、警告、除名、あるいは警察への通報等に限らず、迅速に対処する。
  7. 理事会は、加害者のミーティングへの参加を禁じたり、該当者がJALTボランティア、またはスタッフメンバーだった場合は、その公の職務を終了させるか、あるいは、JALT定款第2章第11条に基づき、JALT会員から除名する事もある。更に、理事会は法的処置を取る場合もある。必要に応じて、理事会は地元警察に連絡し捜査に協力する。