An afternoon with Juan Uribe + Christmas Social

JALT Group: 
Event Speaker: 
Juan Uribe
Fee for JALT members: 
Free
Fee for non-JALT members: 
1,000 yen
Contact or Queries: 
Sunday, December 7, 2014 - 2:00pm to 5:00pm

What better way to start the holiday season than considering the importance of respect, caring, communication and purpose in the classroom. Shinshu JALT is pleased to announce Juan Uribe’s workshop on Affective Language Learning, followed by our Christmas Social.

Affective Language Learning 学習意欲を高める語学学習
How can language teachers promote student engagement and memorable learning through the integration of emotion, cognition, and language? In this workshop, we will learn, experience, and discuss practical ways through which presence, rapport, communication, and power sharing can create affective and effective learning environments. 「語学教師は、学習者の学習意欲や理解力また学習する言語を包括的にとらえて、いかに学習者の集中力を上げ、記憶の定着が図られるように働きかけることが出来るであろうか。このワークショップでは、どのように提示をしたら、学習者とどう共感したら、コミュニケーションをどうとったら、また教師と学習者の力のバランスをどうとれば、意欲的で効果的な学習環境を作ることができるかについて、その具体的な方法について、学び、経験し、話しあいます。」

This workshop is not only for teachers of young learners as the concepts and strategies have to do with respect, caring, communication, and purpose. 「この学習理論や方法については、人に対して敬意を表することや、人と人との関わり方や、コミュニケーションの方法、また目標に関連しているので、このワークショップは若年者を教えている教師向けだけというわけではありません。」

Who is Juan Uribe?
Juan Uribe is an international teacher educator, storyteller, and puppeteer who has been involve with affective language learning since 1994. He founded Juan Uribe Ensino Afetivo, a language school in Sao Paulo, Brazil, where children learn English affectively through stories, puppets, games, projects, and lots of play.
「フアン・ウリベ氏について」
「フアン・ウリベ氏は、意欲を呼び起こす言語学習に1994年から関わっておられ、世界的な教員指導者であり、ストーリテラーであり、人形遣いでもあります。ブラジルのサンパウロにフアン・ウリベ・エンシノ・アフェティボという語学学校を設立し、その学校では、子どもたちは物語・人形・ゲーム・プロジェクトやたくさんの芝居を通して、意欲を呼び起こすように英語を学んでいます。」
To learn more about Juan, visit his blog: childrenlearningenglishaffectively.blogspot.ca