UALS Symposium

JALT is a member of United Associations of Language Studies (UALS), and this year we will host their annual symposium during our conference in Shizuoka.

This UALS event is open to the public.

Flyer Page 1
Flyer Page 2


公開シンポジウム • SYMPOSIUM 言語系学会連合と全国語学教育学会共催
言語教育・研究の目指す方向性を巡って ―言語系学会連合はどこを目指すべきか?

New Directions in Language Learning and Analysis: Where Do We Go from Here?
2015年11月22日(日) 15:30〜18:00 Chu Hall

言語系学会連合は、言語系の学会間の連携を深める目的で、2010年に発足した。この5年間、世界・日本を取り巻く情況は、めまぐるしく変 遷している。いわゆる「グローバル化」と言われる今日、テクノロジーの発達や人の移動の容易化は、言語学や言語教育に関わる我々に大きい インパクトを与えている。例えば、コンピューターの発達にともない、自然言語使用のデータ化が可能となり、コーパス言語学では、新たな成果 を生み出している。遠隔教育では、各自が自国にいながら、海外の学生・生徒と恊働学習が可能である。またインターネットを通じて、リアルタ イムで、しかも多くの場合無料で、外国語学習がすでに行われている。

本公開特別シンポジウムは、言語系学会連合に属する学会の言語学分析や言語教育における周辺的インパクトに的を絞り、これらの学会が 自らの学問研究をどのように研究し、言語に関する理解を深め、さらに言語教育の発展に向かうべきかについて、自由に語る。今回は、国内外 のエキスパートを迎え、二言語で進める。このシンポジウムが、参加者および言語系学会の会員にとっても、新たな方向性について再考する場 となることを願うものである。

This bilingual symposium explores the connection of technology and personal mobility with what we do in language analysis and language teaching. We see increased active research based on corpus studies; students are TV conferencing with overseas students from their classrooms, or studying foreign languages via the Internet; foreign language education is increasingly seen as a medium for learners to express their identity, not merely as acquisition of language as knowledge. The panelists address the impact of these demands and consider how we should respond to them.

The symposium will be conducted in Japanese and English, with presentations being given in one language and summa- rized in the other. We hope that the talks and subsequent discussion will bring us an opportunity to reflect on our research and practice, gaining insights on where we should go from here.


    パネリスト • Panelists
  • 西原 鈴子• Suzuko Nishihara
    国際交流基金・日本語国際センター 所長
    Director, Japanese Language Institute, Japan Foundation
    グローバル化時代における言語教育の役割
    Role of Language Education Vis-à-vis the Globalized New Era
  • チック・アリス • Alice Chik
    オーストラリア・マックォリー大学・教育学部
    Senior Lecturer, School of Education, Macquarie University
    デジタルリテラシー:何か見落としてはいないか Digital Literacies: Are We Missing Something?
  • 山本 敏幸 • Toshiyuki Yamamoto
    関西大学・教育推進部・教授
    Professor, Division of Promotion of Educational Development, Kansai University
    ICTによるヒューメインインターフェイスを活用したESLコミュニケーションと学び
    A Paradigm Shift in Language Learning Enhanced with ICT: IT-enhanced Learning for the Benefit of the Learning Mind

    司会 • Moderators
  • ブラウン・スティーブン • Stephen Brown
    甲南女子大学 教授 – Professor, Konan Women’s University
  • カイト 由利子 • Yuriko Kite
    関西大学 名誉教授 – Professor Emerita, Kansai University

Tags: 
Untranslated